獣医師による信じられない被害実態
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケース18

骨折したので来院した。骨をボルトで固定する手術をされたはずだが、別の病院で診て貰ったら、レントゲン撮影の結果、ボルトなど入っていない事が判明した。
また、開腹手術をされた。ボールペンのキャップが入っていたと言われる。見たこともないキャップだった。
(注:縫った痕があるだけで、胃あるいは腸を切って、飲み込んだとされる異物を取り出す手術は実際にはしていないというパターンは他にも数件ある)


ケース19【猫】【生還】

朝、猫が口から血を流しているので病院に連れて行った。初心の時に3万円請求され、その後、電話ですぐに手術が必要で10万円かかると言われた。なんとなく胡散臭いので、ネットで調べたら評判が悪いので、
すぐに引き取りに行ったが、腫瘍が二つあったからといって25万円請求された。
請求額にクレームをつけたが、払わないと猫は渡せないと言われ、泣く泣く支払う。他の病院で手術をしていない事がわかる。手術がされていないのに手術代、検査代で計28万円。


ケース20【亀】【死亡】


ストレスが溜まったことによる肺炎と診断された。レントゲンを撮り、四日間の入院と言われる。入院の途中で院長の言動等、不審に思い引き取りに行くと伝える。30分後、病院に着くと、さっき死にましたと言われた。すでに死後硬直していた。

ケース21【ハムスター】【生還】

ハムスターが血尿をしたのであわてて病院を探し、ここがヒットしたので急いで連れて行く。検尿とレントゲンをしたところ、お腹を壊していて寄生虫もいるから毎日注射するので四日間入院が必要と言われ、その日は検査代など(入院費4日分2万円を除く)17,600円を支払う。翌朝ネットでここの悪評を知り、ヤバイと思ったので休診日だったがすぐに引き取りに行く。すると、「今朝からぐったりしているから夕方まで預かります。」と言うので「いいから返してください」と言うと、ぐったりどころかもう息もしていない状態のハムスターを出してきた。それなのに「薬を出すから9,800円です。」と言われたので、思わずキレて「ふざけんなヤブ医者!」と言ってそのまま出てきた。

被害をこれ以上拡大させない為にもランキングへのクリックのご協力お願い致します。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。